ヘンプオイルのカプレーゼ


[1人分]

  • トマト・・・中1個
  • モツァレラチーズ・・・1/2個
  • バジルの葉・・・5-6枚
  • ヘンプオイル・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・適宜
  1. トマトとモツァレラチーズはスライスします。
  2. バジルは飾り用を残して、みじん切りにします。
  3. みじん切りにしたバジルとヘンプオイル、塩こしょうをよく混ぜてます。
  4. 皿に盛ったトマト、モツァレラチーズ、バジルの葉に3をかけて、出来上がりです。

ヘンプオイルの緑色がキレイなさっぱりサラダです。



ヘンプオイルのごろごろポテトサラダ


[たっぷり2人分]

  • じゃがいも・・・中3個
  • たまねぎ・・・1/4個
  • 塩こしょう・・・適宜
  • ディル、ピンクペッパー・・・適宜
*ヘンプマヨネーズ*
  • 卵黄・・・1個分
  • 酢・・・大さじ2
  • ヘンプオイル・・・60ml
  • 塩・・・ひとつまみ
  1. 卵黄を白っぽくなるまで混ぜたあと、酢を加えてさらに良く混ぜます。ヘンプオイルを少しずつ加えて混ぜていくと、緑がキレイなヘンプマヨネーズができます。
  2. 電子レンジ600Wで5分加熱したじゃがいもの皮をむき、あついうちに薄切りにした玉ねぎと一緒に混ぜます。
  3. 粗熱がとれたらヘンプマヨネーズを大さじ2加えてよく混ぜ、塩こしょうで味をととのえて器に盛り、ディルとピンクペッパーを飾って出来上がりです。

あまったヘンプマヨネーズはサラダにかけたりして食べてください。さらっとしたタイプのヘルシーなマヨネーズです。



ヘンプオイルの冷やっこ


[1人分]

  • 絹ごし豆腐・・・1/2丁
  • ヘンプオイル・・・大さじ1/2
  • 醤油・・・小さじ1/2
  • しらす・・・ひとつまみ
  • フライドオニオン・・・ひとつまみ
  • 塩・・・適宜

絹ごし豆腐を器に入れ、ヘンプオイル、しょうゆ、塩をかけ、しらすとフライドオニオンを飾る。

フライドオニオンのかりかりした食感が楽しい冷奴です。しらすの代わりには白髪ねぎや小口切りにした青ねぎなども。ヘンプオイルの香ばしい香りが食欲をそそります。



ヘンプオイルとカムカムでヘルシーコブサラダ


[2人分]

 

*サラダ*

  • アボカド・・・1/2個
  • ・・・1個
  • パプリカ(黄)・・・1/4個
  • きゅうり・・・1/2本
  • ボローニャソーセージ・・・80g
  • 枝豆・・・適量
  • イチジク・・・1/2個
  • レタス・・・2枚
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 水・・・100㏄
  • 粉チーズ・・・大さじ1/2
  • 胡椒(赤白)・・・各適量
  • クレソン(なくても可)・・・2本
*ドレッシング*
  • カムカム・・・2g
  • ・・・小さじ1と1/2
  • ヘンプオイル・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1/4
  1. ボウルにカムカムを入れ、水を加えてよく混ぜます。溶けにくいので、しっかり混ぜます。
  2. 1にドレッシング用の塩とヘンプオイルを加えてよく溶き混ぜたら、ドレッシングの出来上がりです。
  3. 枝豆は洗って塩(分量外)をまぶしてしばらく置き、塩茹でしてからザルにあげて塩を振り、さやから取り出します。
  4. 卵は室温に戻して塩と水とともに小鍋に入れてフタをし、火にかけて沸騰したら弱火にして3~4分茹でます。
  5. 6をしばらく置いて蒸らしてから水に取り、殻を剥きます。
  6. トマト、きゅうり、パプリカ、ボローニャソーセージは角切りにします。ゆで卵は8つにカットし、イチジクは輪切りにします。
  7. アボカドは薄切りにし、半分以上重なるように並べ、端からくるくると巻いてバラの形にします。
  8. レタスを敷いた皿の中央に7を置き、周りにその他の具材を盛ります。
  9. あればクレソンを飾り、お好みで粉チーズと胡椒を振りかけ、ドレッシングをかけて出来上がりです。

具材はお好みのもので。アボカドも他の野菜と合わせて角切りにした方が全体を混ぜて食べやすいです。

 

~インスタグラム @misumisu0722さんご考案レシピ~




麻は日本の古代より衣服や食用に利用されるなど、生活に密接してきた植物です。現代でも神社のしめ縄や力士の綱などにも、麻は使用されています。

 

体内では合成されない必須脂肪酸であるオメガ3系脂肪酸(α‐リノレン酸)とオメガ6系脂肪酸(リノール酸)をバランスよく含んでいます。必須脂肪酸は全体の約80%を占めており、これは植物油の中でトップクラスの含有量です。

 

加熱をすると栄養素が失われてしまうので、加熱調理には向いていません。温かい料理に加えたい場合は、加熱調理が済んだ後に加えるとよいです。

ナッツのような香ばしい香りが特徴です。

 

くわしくはこちらをご覧ください。