ビール酵母と米粉でグルテンフリーピザ


[2人分]

*ピザ生地(直径20センチ程度2枚分)*

  • 米粉(または中力粉・薄力粉)・・・200g
  • ビール酵母・・・10g(大さじ1)
  • 塩・・・5g
  • 砂糖・・・5g
  • オリーブオイル・・・80~100cc
  • ぬるま湯・・・300cc

*ピザ具材*

  • トマト(缶)・・・お好みで
  • チーズなどの具材・・・お好みで
  1. ぬるま湯にビール酵母を入れて良くかき混ぜます。塩と砂糖、オリーブオイルを加え、さらに30秒ほどかき混ぜます。
  2. 気泡が出てくるまで10から15分ほど置いておきます。
  3. ボウルに米粉を入れ、そこに2を2~3回に分けてなるべくダマが残らないように混ぜていきます。
  4. 3を打扮した台の上で良くこねます。何度か打ち付け、表面が滑らかになるようにします。 10回打ち付け、1回生地を包み込むように練る工程を10セット程繰り返すとちょうどよい感じです。
  5. 弾力が出てきたらボウルに戻してラップかけ、室温で1~2時間寝かせます。途中発酵が進むと倍ぐらいに膨らむので、時々空気を抜きながら様子を見ます。
  6. 生地を4等分にし、めん棒で平らに伸ばして好きな形に整えます。
  7. 生地の上にトマトを塗り、チーズやお好きな具材をトッピングします。
  8. 300度に余熱したオーブンで、2分~2分30秒焼き上げて、出来上がりです。

 

イタリアの家庭では一般的に生ビール酵母を使います。米粉を使い高温で焼き上げることでパリッとした食感の、絶賛ものの生地ができます。あとはお好みの食材で。



鶏肉と豆腐のビール酵母入りハンバーグ


[2人分]

  • 木綿豆腐・・・1丁
  • 鶏ミンチ(部位はお好みで)・・・150~200g
  • ひじき・・・大さじ2
  • たまねぎ・・・1/2個
  • 粉末だし・・・小さじ1
  • 塩・こしょう・・・少々
  • ビール酵母・・・15g(大さじ1)
  • 大根おろし・・・適量
  • ポン酢・・・適量
  • 大葉・・・お好み
  1. 豆腐は2㎝角にしてざるに入れ、重石をしてよく水を切ります。たまねぎを粗みじん切りにします(お好みで、ピーマンや人参、シイタケ等も粗みじん切りにして加えます)。
  2. 材料を全部ボウルに入れ、練り混ぜます。
  3. 好きな大きさに形を整えて、フライパンで焼きます。
  4. 焼き色がつくまで弱めの中火で加熱します。
  5. 大根おろしとポン酢、お好みで大葉を刻み、ハンバーグに乗せて、出来上がりです。

鶏肉は胸肉かササミを使用すれば、ダイエットにおすすめな料理になります。ハンバーグだけでなく団子にして鍋物に入れても、揚げてもおいしく、色々アレンジ可能なヘルシー料理です。



柔らかお肉のビール酵母入りチリコンカン


[2~3人分]

  • 牛すね肉・・・150g
  • ビール酵母・・・15g(大さじ1)
  • 金時豆(またはキドニービーンズ)・・・150g
  • 水・・・適量
  • 玉ねぎ・・・小1個
  • にんにく・・・1かけ
  • 塩胡椒・・・少々
  • ワイン(あれば)・・・30cc
  • コンソメキューブ・・・2個
  • はちみつ・・・小さじ1/2
  • トマトペースト・・・大さじ2
  • カイエンヌペッパー・・・大さじ1/2
  • オレガノ・・・適量
  • クミン・・・少々
  • ローレル・・・1枚
  • パセリ・・・少々
  1. 豆を5倍位の水に浸しておきます。
  2. にんにく、玉ねぎをみじん切りにして炒めます。
  3. 肉は適当な大きさにカットして塩胡椒し、焼き目をつけます。
  4. 圧力鍋に2と水と入れ、沸騰したらアクをとります。ローレル、コンソメを入れて15分程圧力をかけます。
  5. ビール酵母以外の材料を入れ、豆が柔らかくなるまで煮ます。アクが出たらとります。
  6. ビール酵母を加えて溶けたら完出来上がりです。彩りにパセリ(分量外)を散らします。

時間がない時は豆も圧力釜で一緒に煮込むと簡単です。肉と豆がガッツリ食べたい時におすすめです。ビール酵母でコクと栄養素がプラスされます。



ビール酵母とは


ビール酵母はビール製造時の麦汁発酵過程で、たくさんの栄養素を吸収した天然素材の栄養酵母です。9種の必須アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

 

栄養素を補給できるだけでなく、料理に使用することでコクやうまみが加わります肉を柔らかくするので肉料理と相性が良く、他にも煮込み料理などに使用できます。